2018年 パリ旅行 JAL45便 食事~続き

時間が経って少しお腹が空いてきました。アラカルトメニューを注文しました。
串盛り合わせです。一緒に赤ワインを飲むつもりでしたがボランジェのロゼシャンパン、ロゼ リミテッド・エディション 2006にしました。
画像

画像

機内が暗かったのでこの写真の背景が黒いです。

アラカルトメニューを載せておきます。
アラカルトメニュー
 
空のお取り寄せ
福岡県産 海鮮鯛茶漬け

お酒のお供に
いぶしざくら 熊本県五木村五木屋本舗『山うにとうふ燻桜』
串盛り合わせ
牛サーロイン串 もも串(たれ) ささみ3味串

軽いお食事
野菜のテリーヌとサラダ ノンオイルサウザンアイランドドレッシング ~お野菜を中心としたメニューです~
宮崎のカレーの名門 味のガンジス『宮崎和牛カレー』
クラムチャウダー トマトソース クラッカー添え

麺類
JAL特製『Japanese Soba Noodles蔦』醤油ラーメン
~トリュフオイルの豊かな香りをお楽しみください~
山菜うどん

サンドイッチ
レモンチキンのサンド
チリドッグ

チーズセレクション
各種チーズの盛り合わせ ~ワインと共に~

リフレッシュメント
季節のフルーツ盛り合わせ

プチデザートのトレイ お好きなものをお選び下さい
レアチーズ クレープ包み
モカロール
ストロベリームース

マカロン JALオリジナル
“ソンジュ” “アメール”

SKY AUBERGE by JAL Cuisine by Fumiko Kono
パリを拠点に活躍する料理プロデューサー、狐野扶実子さん監修による献立です。

フミコの和食
台の物
合鴨ロース
蓮根入りねぎ味噌
半熟卵と実山椒
春菊と菊花 合鴨ロースは蓮根入りねぎ味噌と一緒にお召し上がりいただくのがおすすめです。
お椀
白葱と梅肉のお吸い物
ご飯 大根、柴漬け

フミコの洋食
メインディッシュ
甘海老と帆立貝のマリネ 赤ワインビネガーのドレッシング
マッシュルームのブルーテ ロワイヤル
メゾンカイザー特製ブレッド
プチさつまいも
ほうれん草とゆずのプチパン

JAL特製『Japanese Soba Noodles蔦』醤油ラーメンもいただきました。機内誌にこのラーメンのことが書いてあったので食べてみることにしました。
画像

器が小さめで量も少ないです。

アルコールを飲むのはやめてロイヤルブルーティー“クィーン オブ ブルー”というお茶をいただきました。ワイングラスで飲む冷たいお茶です。JALのホームページでみたことがあって機会があったら試飲してみたかったのです。ほうじ茶やウーロン茶のような香りがしました。高級感は感じましたしおいしいです。けれども栽培の苦労や煎じた時の試行錯誤を知らない無知なわたしの感想は『お茶ですね』ということです。


飲み物のメニューも載せておきます。
アペリティフ・カクテル
ティオペペ・ドライシェリー
マ ル テ ィ ー ニ エ キ ス ト ラ ド ラ イ・ド ラ イ ベ ル モ ッ ト
カンパリ
ルジェ クレームド カシス
梅酒 (国産梅100%使用)
マティーニ
ミモザ
キール ロワイヤル
キール
ブラディー メアリー

ウイスキー
シーバス・リーガル・ロイヤルサルート 21年
サントリー 響17年
ウッドフォードリザーブ

スピリッツ
ボンベイサファイア・ジン
アブソルート・ウオッカ

ビール

ブランデー・リキュール
レミーマルタン V.S.O.P
コアントロー
ベイリーズアイリッシュクリーム

ポートワイン



CHAMPAGNE シャンパーニュ
サロン 2006
前回の記事で書きました。


ボランジェ・ロゼ リミテッド・エディション 2006
フランス・シャンパーニュ地方で1829年に創業。伝統的な醸造法によって支えられた 製品の品質の高さにより、現在は世界的な名声を確立しています。また1884年からは 英国王室御用達を拝命する希少なメゾンの一つでもあります。今回通常のラインナップ では見かけることがない限定品のヴィンテージロゼを用意しました。木苺のような果 実感とピンクペッパーのような香り高さ。クリーミーで滑らかな口当たりが心地よく 風味のとても長い辛口ロゼシャンパーニュです。食前酒だけでなく、お肉料理とも相性 がよく、温度が上がるごとにその豊かで芳醇な味わいを楽しむことができます。


WHITE WINE 白ワイン
ルイ・ジャド ボーヌ・プルミエ・クリュ グレーヴ・ルクロ・ブラン2013
フランス・ブルゴーニュ地方、名門老舗ネゴシアンLouis Jadot の経営者Gagey家 が代々所有する葡萄畑から造られるワインがこのDomaine Gagey。Louis Jadot の造りのセンスは、ブルゴーニュを代表する素晴らしいものです。このワインの様 に自社畑ものは葡萄畑から造りまで一貫した仕事が出来るので味わいへの期待は より高くなります。畑の名前のGrèvesは小石を意味するフランス語で、この畑は小 石が多いことで有名です。味わいは、洋ナシのような果実感に、塩気がまとってお り、滑らかな口当たりとフレッシュな酸味、旨味ののっているこの生産者らしい、ま とまりのある味わいを呈しております。和食からフレンチまで、旨味強調された料 理や、白身の魚や肉の軽いソテーやロティとの相性が良いです。


サンダルフォード・エステート レゼルヴ ソーヴィニヨン・ブラン・セミヨン 2016
西オーストラリア・マーガレットリヴァーは、フランスのボルドーの気候に似て いることで有名です。その為多くのボルドー品種が植えられております。 Sauvignon BlancとSemillonのブレンドは、いわゆるボルドーブレンドと言 われる有名なブレンドスタイルで、ライトボディで、フルーティ、辛口な味わいと なります。特に貝類や野菜のマリネなどの軽めで塩気のある前菜との相性が良い です。サンダルフォードは現在西オーストラリアで最大最古の家族経営のワイナ リーでもあります。


イエルマン ピノ・グリージョ 2016
北イタリア・フリウーリ ヴェネチア ジウーリア州のワイン。豊かなアロマを持 ち、より近代的な味わいで強い個性を表現している生産者イエルマンは、この地 域がイタリア白ワインの聖地と評されるまでに高めた造り手の一人。クリアで フリンティー、柑橘類の皮や白桃のニュアンスに白い花の風味を持ち、厚みとヴ ォリューム感のあるアタックで、ほろ苦さとフレッシュさが余韻に残る味わい。 塩味系の魚介の旨味たっぷりのお料理との相性が特に良いです。


ココ・ファーム・ワイナリー 甲州F.O.S 2014
栃木県足利市のココファームワイナリーは、日本のワイナリーの中でも自然なワ イン造りにこだわり、それゆえの複雑感と豊富な旨味を常に楽しませてくれる生 産者です。甲州F.O.SははFermented on Skinsの略で葡萄の果皮を浸漬させな がら作る白ワインです。そして現在世界ではこのようなスタイルのワインをオレ ンジワインと呼び、様々なシーンで活躍している特徴的な味わいのワインです。 オレンジの果皮やスパイス等の風味があり、旨味が豊富で余韻に少し渋みを持っ ており、オレンジワイン独特の味わいの世界を楽しめます。特に揚げたものや、 スパイシーなものとの相性が良いです。


RED WINE 赤ワイン
シャトー・プジョー ムーリス 2009
フランス・ボルドー地方 ムーリス村のワイン。この村から産されるワインとして は、Ch. Chasse SpleenやCh. Maucaillouと並んでトップの質のワインとして 名前を馳せているシャトー。2009年のボルドーは葡萄の熟度が上がった年で、豊 かで芳醇、広がりのある味わいの年となりました。さらに8年目の熟成を迎え、口当 たりは滑らかになり、腐葉土やドライフルーツなどの複雑な風味が強くなってき ており、時が経つ事でしか味わえない贅沢な美味しさを楽しめます。


ヴァンサン・ジラルダン サヴィニィ レ・ボーヌ プルミエ・クリュ レ・セルパンティエール 2013
フランス・ブルゴーニュ、サントネイ村に本拠地を置き、コートドボーヌ地区の村 のワインを中心に造っている有名生産者。“畑はなるべく手を加え、醸造は出来 るだけ自然に“をモットーにワイン造りを行っている生産者です。Savigny Les Beauneのワインはチャーミングな果実感が印象的なワインですが、1級の畑と なると深みとタンニンの骨格がより明確になり上品かつ力強い味わいを楽しめ る。鴨などの赤身のお肉との相性が特に良いです。


"The Passion of Japan"日本の"匠"
クスダ マーティンボロ シラー 2014
ドイツ・ガイゼンハイム大学を卒業後、楠田浩之さんは「世界を驚かすようなピノ・ノワールを造りたい」、 と2001年5月にニュージーランド・マーティンボロに一家で移住しました。 その後、イギリスのワイン評論家ジャンシス・ロビンソンに称賛されて世界の一流醸造家に仲間入りしま した。ピノ・ノワールと共に世界的に評価が高まっているシラーをお楽しみください。 2014年は天候に恵まれ、ブドウの生育が非常に早かった年。シラーにとっては好条件が整い、糖度が上が り過ぎない範囲で綺麗に熟した結果、例年より白コショウ系のスパイシーさが減り、黒・紫の果実の風味が 前面に出たエレガントなワインとなった。
※”Cellars in the Sky”AWARDSは、英国の「Business Traveller」が主宰する機内ワインのコンペティションです。


"The Passion of Japan"日本の"匠"純米大吟醸酒
十四代 純米大吟醸
銘柄の由来は、現社長が十四代目の当主であることから来ています。 日本酒の味の流行を「淡麗辛口」から「芳醇旨口」に変えたのは、 この蔵の功績と言われています。 銘醸蔵の多い山形県の中でも、特に人気の高い蔵元です。 特A地区東条産の山田錦を使用して醸した、JAL機内限定の逸品。 やわらかくて芳醇な旨みが心地よさを感じさせます。
(高木酒造株式会社/山形県)

黒龍 大吟醸
創業1804年(文化元年)。初代蔵元石田屋二左衛門が良水に恵まれた 松岡の地で酒造りを始めて以来、「良い酒を造る」という簡潔な理念を守り、 黒龍酒造ならではの清酒を追求してきました。 篤農家の手により丹念に育てられた酒米、白山山系を水源とする仕込み水、 蔵独自の保存酵母にこだわり、職人の手による酒造りを継承しています。
“黒龍 大吟醸”はメロンのような甘く優しい香りと、料理の味を引き立てる 透き通るように上品な味わいで、和食を始め素材そのものの美味しさを引き出す お料理との相性は抜群です。
(黒龍酒造株式会社/福井県)

"The Passion of Japan" 日本の"匠" 焼酎
本格焼酎 森伊蔵
契約農家が作る“コガネセンガン”というさつま芋を昔ながらの かめ壺で熟成させた逸品です。 生産数も極めて少なく、手に入りにくいことから、“幻の焼酎”と 呼ばれています。
(有限会社森伊蔵酒造/鹿児島県)


百年の孤独
株式会社黒木本店は焼酎一筋、創業明治18年(1885年)の老舗蔵元です。
日本の焼酎業界を牽引し“、百年の孤独”を始め数々の銘酒を世に生み出してきました。 “百年の孤独”は、JALビジネスクラスの大麦焼酎“中々”の原酒をアメリカン・
ホワイトオークの樽で長期熟成させた本格焼酎の傑作です。 長い時の流れが生み出した琥珀色の液体は、まろやかな風味を奏でる絶妙な る逸品です。この焼酎の醍醐味を味わっていただくには、ストレート、ロック、 水割りが最適です(冬季にはお湯割りも風味豊かです)。
(株式会社黒木本店/宮崎県)


"The Passion of Japan" 日本の"匠"
PREMIUM JAPANESE TEA ストレートティー
ロイヤルブルーティー® "クィーン オブ ブルー®"
ロイヤルブルーティー“クィーン オブ ブルー”は、手摘みの高級茶葉のみを使用し 湘南茶工房のティーソムリエたちが、手間隙を惜しまず丁寧に1 本1 本造りあげた 究極のストレートティー(お茶)です。 お茶の概念を覆す雑味のない上品でフルーティな味わい、飲んだ後に続く余韻、 そしてシャンパンのように輝く色は、まるで“お茶の宝石”です。 年に一度、夏にしか採れない希少な茶葉を使用した“クィーン オブ ブルー”は フランス料理、日本料理からチーズ、スイーツまで幅広い料理と合う逸品です。 ワインやシャンパンのようにワイングラスでお洒落にお愉しみください。


ソフトドリンク
JAL オリジナルドリンク“スカイタイムキウイ”
コカ・コーラ
コカ・コーラ ゼロ (コカコーラ ライト、ダイエット・コーラの場合がございます。)
スプライト
ジンジャーエール
ウーロン茶ブレンド ”からだ巡茶”
冷緑茶“綾鷹(あやたか)”
ミネラルウォーター
ペリエ

ジュース
オレンジ
アップル
トマト
グレープフルーツ

日本茶
煎茶 ほうじ茶

紅茶・ハーブティー
ダージリン
オレンジペコ セイロン
アールグレイ インペリアル
“マルコポーロ”フレーバリーティー
“ブルボン”ハーブティー(ノンカフェイン)

コーヒー
エスプレッソ
カプチーノ
カフェイン抜きコーヒー


最後はフルーツ盛り合わせをいただきました。ふだんほとんど果物は食べないんですけどね。
画像

画像

マリアージュフレールの紅茶、マルコポーロも飲みました。

乗務員さんから「今日はパリで何かご予定があるのですか。」と尋ねられたので「夜キャバレーにショーを見に行きます。」と答えました。乗務員さんも以前ムーランルージュのショーを見に行ったことがあるそうです。感想をきいたところ「スタオルのいい女性が多数出演していました。」とのことでした。
「今日わたしは先にパリにステイしている後輩の乗務員とクラシック音楽四季を聴きに行く予定です。せっかくパリで新年を過ごすのだから楽しもうと思って。」とおっしゃっていました。仕事でたびたび滞在するからいろいろ面白い場所やイベントをご存知なのでしょう。

画像


しばらくすると「もうすぐ着陸態勢に入ります。」というアナウンスがありました。

日本時間23時31分(フランス時間15時31分)にパリ、シャルルドゴール空港に着陸しました。パリは雨でどんよりしていました。

おみやげにジャンポールエヴァンのマカロンを2箱いただきました。
画像

画像


快適なフライトでした。乗務員さんにお礼を伝えて飛行機を降りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック