テーマ:世界遺産

フィレンツェ旅行 ジョットの鐘楼

1334年にジョットとピサーノによって建設がはじめられ、1359年に頂上部分がのせられました。高さ84.7メートルのゴシック様式の鐘楼です。 エレベーターはありません。414段の階段をのぼることができます。 狭い階段でした。のぼる人と降りる人が譲り合わないと行き交うのは難しかったです。 てっぺんの見晴台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェ旅行 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)

ドゥオモとは大聖堂のことです。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂https://operaduomo.firenze.it/enは花の聖母教会という意味だそうです。カンビオにより1296年に建設がはじめられ1436年に完成しました。 こちらの正面ファサードは1887年に完成しました。 屋根の部分(クーポラ)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンツェ旅行 ドゥオモ広場へ まずサンジョヴァンニ洗礼堂

当初考えていたより長い時間ウッフィツィ美術館内をみました。美術館を出たあとはドゥオモ方面に戻りました。 通りは広くないです。 朝ホテルを出発した時は肌寒かったのですが、午前10時半過ぎには晴れて気温が高くなってきました。行き交う人の服装はいろいろで、半袖の人もいましたし、しっかりコートを着ている人もいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェ旅行 ウッフィツィ美術館 

ウッフィツィ美術館Galleria degli Uffiziは年間数百万人が訪れるという世界的にも重要な美術館です。1559年にメディチ家のコジモ1世が建築家のヴァザーリにつくらせた建物です。当初は行政事務所として建てられたそうです。メディチ家所有の美術作品を収めて美術館として開館したのは1765年です。 メディチ一族とは銀行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェ旅行 朝早いうちに観光へ出発

フォーシーズンズホテルフィレンツェで迎える最初の朝。午前4時頃目がさめました。『ものすごく早いね~』と思われるかたもいらっしゃるでしょうがイタリアの午前4時は日本時間の午前11時です。 明るくなってからホテル内を軽く散歩しました。観光に出かける前の準備体操みたいなもんです。 高級そうな家具や調度品があちこちに置いてありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 カレル橋の旧市街側の橋塔に登る

ふだん徒歩で行動することは少ないですがプラハでは観光や外食時は全て自分の足で行動しました。そのせいかちょっぴり筋肉痛となり持参したシップを貼りました。 滞在3日めはスメタナ博物館に行ったり、チェコ料理を食べたり、ホテルの部屋で休憩したり、夜は名物の人形劇を見に行きました。 カレル橋の旧市街側の橋塔に登ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 夜景(うまく撮影できませんでした)

ゆったりしたペースでプラハ旅行のレポートを書いていたら10月になってしまいました。 もう少しで終わります。どうぞおつきあい下さい。 8月のプラハは20時位まで明るかったです。夜になると気温が下がり、寒さに強いわたしでも半袖シャツに一枚薄いコートを羽織りました。お城や橋がライトアップされていて夜{%三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 旧市街広場 旧市庁舎2 天文時計

旧市庁舎の天文時計は1490年頃建設されました。カレンダー時計、天文時計、16世紀に設置された仕掛け人形の3つからなっています。9時から23時まで毎正時になると仕掛けが動きだします。辺りには大勢の見物人が集まります。 一番下がカレンダリウムです。中心にプラハ市の紋章、そのまわりには12の月を象徴する獣と農村における四季の作業が描か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 旧市街広場 旧市庁舎1

旧市庁舎は旧市街広場付近のシンボル的な存在です。 最初の建設は11世紀に遡るが、現在見られる姿は第二次世界大戦で被害を受けた後の大規模な修復によるものです。 旧市庁舎の塔に登ることにしました。この写真の時計の上のエリアに行くことができます。110コルナでした。 見晴らし良好でした。 プラハ城が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 旧市街広場へ

コルフコナKolkovnaを出て、歩いて5分足らずで旧市街広場に着きました。 ティーン教会と石の鐘の家、キンスキー宮殿 改装中の建物は聖ミクラーシュ教会 旧市街広場は1621年反ハプスブルグ派のチェコ貴族27人の処刑、1918年には国家独立を要求する市民のデモが行われたりとチェコの歴史に深く関わった場所だそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 プラハ城 ロジュンベルク宮殿

1545年にロジュンベルク家によって建てられた宮殿です。館内のルネッサンス式の部屋を見学できます。 18世紀にはマリアテレジアによって設立された未婚女性の貴族を保護し教育するための館として用いられました。 別嬪さんですね。 宮殿の部屋の窓が開いていました。プラハの街並がきれいにみえました。 礼拝堂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 プラハ城 ダリボルカ

黄金小路の突き当たりから階段をおりるとダリボルカです。ダリボルカは15世紀建造の牢獄です。 スメタナ作のオペラのモデル、バイオリンの名手ダリポルカがここに入れられていたそうです。 ダリボルカの中は大きくないので見学は数分で終わりました。 ダリボルカを出た後はロジュンベルク宮殿に行きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 プラハ城 黄金小路

黄金小路は16世紀にドルフ2世がこの地に錬金術師を集めて住まわせたという伝説から名付けられたとされますが、実際は金細工の職人の居住地でした。現在はみやげもの屋が並んでいます。 水色の外観をした22番の家は作家フランツカフカが1916年から翌年まで仕事場として使用していた場所だそうです。わたしは不勉強でカフカの作品は全く知りませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 プラハ城 旧王宮/聖イジー教会

旧王宮のヴラディスラフホールです。梁が肋骨状の模様となっているアーチ型の天井が印象的です。 旧王宮の前にはあまり目立ちませんがちょっとした案内が出ていました。 旧王宮は16世紀まで歴代の王宮として使われていたそうです。写真一番上のヴラディスラフホールは縦62メートル、横16メートル、高さ13メートル。完成した16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 プラハ城 聖ビート大聖堂

聖ビート大聖堂です。 奥行124メートル、幅60メートル、塔の高さは96.6メートル。 もともと930年につくられたロトンダというロマネスク様式の教会からはじまったそうです。14世紀のカレル4世の時代に現在みられるような建物に改築する工事がはじまりました。最終的な完成したのは1929年とのことです。 中は広い礼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 マラーストラナ地区からプラハ城へ 

カレル橋からマラーストラナ地区を通ってプラハ城に向かって歩いていきました。 聖ミクラーシュ教会 バロック建築の教会で、モーツアルトが演奏のため訪れたこともあるそうです。中の見学も可能だそうです。 マラーストラナ広場 トラムが到着したところです。 マラーストラナ広場からプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 カレル橋の北側に並ぶ像

カレル橋に並ぶ30体の聖人像のうち北側にあるものの写真を掲載します。旧市街方向からマラーストラナ方向の順です。 聖ベルナルド抱く聖母マリア 1708年作のコピー。 聖ドミニカとトマスを抱く聖母マリア 1708年作のコピー。 聖カルヴァリ 1629年作。十字架を背負うキリスト像。カレル橋建設当時か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行 カレル橋の南側に並ぶ像

カレル橋の欄干には30の聖人像が並んでいます。南側に並ぶ像を旧市街方向からマラーストラナ方向に載せます。 聖イヴ像 1711年ブラウン作のコピーで1908年作。 聖バーバラ、マーガレット、エリーザベト 1707年作。 聖ピエタ像 1859年マックス作。 聖ヨゼフ像 1854年マックス作。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラハ旅行 カレル橋へ

いよいよプラハ観光です。まずはカレル橋へ。 フォーシーズンズホテルプラハから橋までは近く、ホテル前のKřižovnická Streetを右折し、2つ目を右に行くとそこにありました。 Křižovnická Streetを走るトラムです。 チェコは右側通行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年の思い出

寒波の影響で寒いです。インフルエンザの患者さんも増えているそうです。気をつけて下さい。 今年も残りわずかです。 どんな一年でしたか。 お世話になった皆様に御礼申し上げます。 今年がいい年だったかどうかは???・・・よくわかりません。細かい困り事・心配事は尽きませんし、いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 スオメンリンナ島散策2

ビーチがみえたあと斜面を進みました。 Kustaanmiekkaクスターンミエッカ地区、ザンダー城砦です。1700年代にスウェーデンでつくられた砲台が並んでいます。 こちらでパンを食べたりジュースを飲んだりして休憩している人が多かったです。 さらに進むとついにKing's gateキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 スオメンリンナ島散策1

スオメンリンナとはどんなところなのか、ビジターセンターにおいてあったパンフレットに歴史の記載がありましたので少し書いておきます。 スオメンリンナはヘルシンキ沿岸の島に設立された海上要塞です。フィンランドがスウェーデン王国の一部であった1748年にAugustin Ehrensvardの管理下で要塞建設が開始されました。 17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 スオメンリンナ島へ

1991年にユネスコ世界遺産に登録されたスオメンリンナ島へ。マーケット市場のそばにスオメンリンナ島行きのフェリー乗り場があります。わたしが乗ったのはヘルシンキ市交通局のフェリーです。往復5ユーロ。ヘルシンキカードが使えました。http://www.suomenlinna.fi/en 静かに出港しました。乗船時間はだいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 エストニアの首都タリン観光(4)

旧市街の中心から港まで約800メートル続く長い通りがピック通りです。レストランやお店、ホテルなどが並んでいます。 通りでパン屋さん、ケーキ屋さんの店内に入ってみました。けっこう有名なパン屋さんですとおききしたので試しに調理パンを買いました。帰りのフェリー内で食べることにしました。 タリンではマジパンとよば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 エストニアの首都タリン観光(3)

旧市街のメインストリート、ヴィル通りにはカフェやお店が並んでいました。 セーターなども特産品だそうです。エストニアの冬は寒いそうでこの時期でも防寒用の衣類を販売していました。エストニアスタイルは帽子+マフラーが一緒にくっついているデザインだそうです。この店員さんが身につけているタイプです。手にとって広げているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 エストニアの首都タリン観光(2)

トームペアの展望台からピックヤルク(Pikk Jalg)通りへ。ピックヤルクとは長い足という意味です。かつては下町とトームペアを結ぶ唯一の通りだったそうです。ブーツ型の雨樋がありました。おもしろいですね。 こちらはリュヒケヤルク(Luhike Jaig)通りです。短い足という意味です。この通りを下っていきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ旅行 エストニアの首都タリン観光(1)

タリンでの時間を有効に使いたいのでフェリーから駆け足で下船。ガイドさんがターミナルに迎えにきてくれることになっていたけれど・・・まだいらっしゃいませんでした。 『予定より早くフェリーがついたからかもしれないな』と待っていると2分位でそれらしい人が小走りで近づいてきました。お辞儀{%一言・ペコhdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'11 バンコク旅行 アユタヤ観光3

アユタヤ観光最後はワットヤイチャイモンコンを訪れました。 セイロンに留学した僧侶のためにウートーン王が1357年に建立した寺院です。 涅槃仏がありました。 高さ72メートルの仏塔は1592年にナレスワン王がビルマの皇太子との一騎打ちに勝ったことを記念して建立されたものです。上まで登ることができますがわたしは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'11 バンコク旅行 アユタヤ観光2

ワットマハタートです。 ここにはかつて高さ44メートルの仏塔があったがビルマ軍によって破壊されたそうです。 現在は広い境内に仏塔や礼拝堂の土台、壊されて頭のない仏像などが残っています。 菩提樹の木の幹に埋もれた仏頭です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'11 バンコク旅行 アユタヤ観光1

アユタヤのワットプラシーサンペットへやってきました。 アユタヤ王朝初の宮殿が建てられた地に1491年に建造されました。かつては黄金の仏像があったが1767年にビルマ軍に破壊されました。現在残っているセイロン様式の3つの仏塔には3人の王の遺骨が納められています。 夜はライトアップされるそうです。 仏塔の途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more